レビトラの効果と副作用

薬を持っている人

レビトラはEDの症状を改善する効果がある治療薬です。
その効果がどのようなものであるのかを理解したいのであれば、勃起をする仕組みについて知っておくのが大切です。
勃起がどうして起こるのかというと、直接ペニスに物理的な刺激を与えたり、視覚や聴覚から入る性的な刺激を引き起こす情報が入る事によって起きます。
その際には大脳から脊髄を通って勃起中枢に伝わって、そこからさらにペニスの海綿体の神経に伝わります。
そうする事で一酸化窒素が放出されるのですが、その一酸化窒素が血管や筋肉に作用してcGMPという物質が生成されます。
cGMPが増えると海綿体の筋肉が緩んで血管が拡張され、そこに血液が流れる事で海綿体内に血液が流入すると勃起状態となります。
海綿体への血液の流入には限界があり、血液が流入するとやがては静脈が圧迫されて流入が止まります。
このように勃起するのには複雑なやり取りが行われているのです。
その勃起状態はずっと続いているのではなく、体内の酵素PDE5によってcGMPが分解されるので、しばらく何の刺激も与えていなければ自然とおさまっていきます。
レビトラがED治療に役立つのはこのPDE5の作用を阻害するからであり、PDE5の作用を妨げてcGMPを分解されにくくして勃起を維持するのを助けているのです。
ただ、その作用は勃起にだけ影響するのではなくて血管が拡張される事によって顔が紅潮したり頭痛やめまいなどの副作用の症状を引き起こします。
また、血圧に問題があると血管が拡張される事に伴う悪影響が出る事もあるので気をつけなくてはならないです。
そのような事があるために日本ではレビトラを処方して貰うなら通常は病院へいく必要があるのです。
恥ずかしかったり、めんどくさいなどの理由でどうしても病院へ行きたくない方は個人輸入という方法があります。薬を個人輸入で購入するとお得なのでお勧めの方法の一つではあります。
また、通販だとレビトラのジェネリックが豊富で安いので色々と試してみるといいです。
このように現在では誰でも気軽にED治療薬を手に入れられるので、EDでお悩みの方は試してみても良いでしょう。