• ホーム
  • レビトラの食事の影響を受けやすい点を克服した治療薬

レビトラの食事の影響を受けやすい点を克服した治療薬

OKサインを出す男性

ED治療薬として最初に登場したのはバイアグラで、勃起障害に悩む男性にとっての福音としてすぐに有名になりました。
バイアグラに続いて登場したED治療薬がレビトラです。
バイアグラもレビトラも経口のPDE5阻害薬というカテゴリの薬で、その主成分には体内の特定酵素の働きをブロックする働きがあります。
その酵素は、勃起状態を維持するために必要な陰茎の動脈血管の緊張を緩めて勃起を終わらせる酵素です。
この酵素の働きを邪魔することで勃起を維持するのがバイアグラ、レビトラの薬の効能です。
バイアグラとレビトラには、即効性がある一方で効果の持続時間が短いこと・食事で効果に影響が出やすいという共通の特徴があります。
その性質により、バイアグラやレビトラを使用する男性にとっては性行為がいつになるかを考えながら薬を飲む時間を気にし、効果が切れないうちに慌てて性交渉を持つというプレッシャーが隣り合わせです。
バイアグラとレビトラの、食事の影響を受けやすく効果の持続時間が短いという点を克服すべく開発されたのがシアリスという第3のED治療の薬です。
シアリスの主成分はタダラフィルで、やはりバイアグラ、レビトラの薬効成分同様にPDE5阻害薬にあたり勃起終息酵素が働かないようにしてEDの症状を改善する薬です。
タダラフィルは一度体内に吸収されてしまえばその後軽食程度では効果に影響がないので、空腹のままで慌ただしく性行為をすることもなく男性にとっては焦りの要素が克服できます。
またタダラフィルには、効果の持時間が長いという大きな特徴もあります。
その持続時間の長さは、1回飲めば週末の性生活を堪能できるという意味でウイークエンドピルなどと呼ばれるほどです。
バイアグラやレビトラでは、性行為のタイミングがわからず服用から時間が経ってしまったために追加で服用ということもありましたが、シアリスの登場でそのプレッシャーも克服可能です。